愛犬・愛猫が亡くなったら:よくある質問
トップページ > よくある質問
よくある質問
ペットが亡くなったら、まずは何をすればいいですか?
■なるべく早い段階で両足を曲げるなどして、自然体の体勢にしてあげてください。
 (死後硬直による不自然な姿勢を防止します)
■ご遺体から体液が出てきてしまうことを防ぐため、口や鼻、お尻周辺に
 脱脂綿やガーゼ、ベットシーツ等を当てられると安心です。
 またビニール製のシートを下に敷いておくことをおすすめします。
■ご遺体をできるだけ良い状態で保つため、涼しいお部屋に安置することをおすすめします。
 また、室温の高い室内や、夏場では腐敗が早く進んでしまうため、保冷剤をご用意いただき、
 ペットの周りに置いて、バスタオルやタオルケットなどで優しく体を包んであげてください。
(特に、保冷剤はお腹周りに多めに置いてあげてください)

火葬の際にペットとの思い出の品を入れられますか?
金属やプラスチック製品など安全面から入れられないものもございますが、
ペットとの思い出の品を入れることができます。お気軽にご相談ください。

火葬にはどのくらい時間がかかりますか?
猫や小型犬で45分〜一時間ほどかかります。中型犬では1時間〜1時間半ほどかかります。
※亡くなった子の大きさや種類によっても異なりますので、目安としてお考えください。

ペットの火葬方法にはどのようなものがありますか?
ペットの火葬には、以下の5つの方法があります。
1■合同火葬
他のペットとあわせて一緒に火葬する方法で、お骨が混ざるため返骨することはできません。
わんにゃんヘブンが責任を持って、ご遺骨を合同供養塔へ埋葬させていただきます。
料金は最も安い方法です。
2■一任個別火葬
単独でその遺体だけを火葬する方法で、他の遺骨と混ざることはありません。
火葬後のご遺骨はスタッフが収骨し、骨壷に納めご返骨いたします。お客様にてお参りください。
3■移動火葬車
火葬炉が備え付けられた車両で火葬する方法で、ご自宅に伺っての火葬が可能です。
住み慣れた自宅でペットを送ってあげたい方や、外出が困難な方などに選ばれています。
弊社の場合、外出が困難な方など特別に行うサービスです。

火葬料金の支払い方法はどのようにしたら良いですか?
ご来店/お伺いした際に、現金でのお支払いをお願いいたします。

すぐに火葬しなくてはいけないのですか?
焦って決めなくても大丈夫です。まずは候補日をお知らせください。
お時間に余裕のある方は、ひと晩ご一緒にお過ごしになり、
最後のお別れの時間をゆっくりと過ごしてください。

火葬には喪服を着ていったほうがいいのですか?
普段着で大丈夫です。